女性特有の病気|更年期障害を治療しよう|イライラから解放される
医者

更年期障害を治療しよう|イライラから解放される

女性特有の病気

胸を触る女性

年々増加しています

乳がんは年々増加しているがんで、女性が罹患するがんの第1位になっています。患者数は約5万人、死亡者数は年間約1万人を超えています。乳房には乳腺と脂肪がありますが、乳がんは乳腺から発生します。乳がんを細かく分けると乳管にできる乳管がん、小葉にできる小葉がんがあり、約9割の人は乳管がんになります。好発年齢は50歳前後で閉経後にも発生しますが、近年は30代や20代で発症する若年性の乳がんが増えてきています。まれに男性の乳がん患者もいます。早期発見できれば高い確率で治癒の見込めるがんで、2センチ以下のしこりで他に転移していなければ、9割以上の人が10年生存しています。早期発見するためにすべきことや気をつけることについて紹介します。

検診を受けましょう

乳がんの原因には遺伝的素因や女性ホルモンが関係しています。血縁者に乳がんの人がいると発症リスクが高まります。他には肥満や脂肪性の食事なども発症リスクになります。肥満や脂肪性の食事は体内で女性ホルモンを多く作ることに繋がるとされています。また、初経が早く閉経が遅い、出産経験のないひとや授乳経験のない人も女性ホルモンに体がさらされる期間が長くなるので発症リスクが上がります。乳がんの早期発見には、自己検診と定期検診が有効です。自己検診は毎月自分の胸や腋下を手で触り、しこりやリンパの腫れなどがないか確認することです。自己検診に加えて1〜2年に一度は病院で胸のエコーやマンモグラフィー検査を行うようにしましょう。