高い精度を誇る|更年期障害を治療しよう|イライラから解放される
医者

更年期障害を治療しよう|イライラから解放される

高い精度を誇る

診察

IPSとの連携

サイバーナイフは、ガンの放射線治療に用いられる最新医療機器で、病変を精巧にねらえるのが特徴です。IPSという患者の位置認識システムと連動しているために、精度の高い放射線の照射が可能になっています。従来の放射線では、病変を逃さないために、どうしても大きく放射線照射して周りの正常な細胞を傷つける率も多かったのですが、IPSの研究が進み、患者が呼吸などで動いても、追随して病変をとらえることができるようになりました。サイバーナイフの分野では、日本が世界最先端の技術を誇り、多くのガン患者を救っています。サイバーナイフによって、照射の精度がが上がったことで、副作用も少なくて済み、患者の負担も軽減しています。

病変を効果的に消滅

サイバーナイフによる放射線治療は、治療時間が短いことも特徴で、非常にスピーディに治療ができます。射線治療は何日かに分けて数回行われますが、サイバーナイフは、それぞれ短時間で済むようになっています。脳腫瘍や肺がん、肝臓がん、脊椎など、さまざまな症状に対して高い成功率を誇り、手術が難しい部位でも照射できます。その技術を支えているのが、ロボットアームの構造で、前後左右上下というように自由に動くようになっています。極軽い動作で位置や角度が変えられるので、非常に使い勝手が良く、IPSとの連携で病変を効果的に消滅、萎縮させられるのです。症状によっては、入院しなくても日帰りで放射線治療ができるようになり、医療費節減にもつながっています。